最先端R&Dで業界をリードする次世代表面処理のパイオニア

東京でメッキ加工するならヱビナへお任せ

技術コラム

弊社は、東京都大田区でメッキ加工を専業としています。メッキ加工と、弊社についてご紹介します。

メッキ加工とは

メッキとは、素材に金属を成膜する表面処理技術の1つです。

正しくは「めっき」と平仮名で表記され、素材に形成された膜は「めっき皮膜」と呼びます。

めっき処理は大きく湿式と乾式に分類できますが、単にめっきと表現する場合は「湿式めっき」を指すことが多いです。

湿式めっきは、製品をジグ等で固定して、めっき浴に浸漬することで処理を進めていきます。そのため、めっきの浴条件だけではなく、製品サイズや形状に合った処理設備が必要になります

めっき

「めっき」とは何ですか? >>

 

メッキ加工企業の選び方

メッキ加工企業は、各社で保有する技術や設備に特徴があります。対応可能なめっき皮膜の種類、素材やサイズが異なるため、目的に合ったメッキ加工企業を見つけることが必要です。

メッキ加工の目的

メッキ加工を施すことで、金属外観を得る目的で”装飾性”を向上させたり、素材を保護や導電性などの”機能性”を付与することができます。

”装飾性”の向上について、例えば樹脂材にめっき皮膜を施すことで、重量は軽い金属外観の製品を作製できます。一例として、車のエンブレムやアクセサリー等があります。

半導体の製造装置、電子部品、光学部品などの”機能性”を向上させる目的にも、めっきは活用されています。素材に導通性、はんだ付け性、放熱性などを付与したり、素材の腐食防止やアウトガス・粉じんの発生を抑制したりできます。

メッキ加工の依頼

素材や目的に応じた最適なめっき処理方法を実施するために、めっきする目的と素材などについて確認します。

製品の素材や加工状態に合っためっき処理条件や、形状に応じて製品を掴むジグを検討する場合もあるため、どの部分に何を成膜したいか等の詳細を伺ってから、めっき処理が可能かどうか判断する場合もあります。

お客様のご要望に応じた皮膜種も提案しますので、製品の使用目的や使用環境、要求特性などを可能な範囲でお伝えください。

開発段階や新規材の場合は、めっきの基礎検討からも対応できますので、まずはご相談ください。

弊社「お問い合わせ」フォーム >>

 

メッキ加工は東京のメッキ企業・ヱビナにお任せ

メッキ加工は前述の通り、お客様の製品やご要望に応じた処理を検討する必要があり、試作テストを繰り返しながら、ベストな処理条件を検討していく必要があります。

試作から量産まで対応

弊社は”機能性”を向上させるメッキ加工を主軸としており、実験設備や解析装置、生産ラインをすべて東京都大田区の同じ敷地内で保有しております。

また、難めっき材とも言われるフッ素樹脂やシリコーンゴムへのメッキ加工技術の開発など、新技術の開発にも積極的に取り組んでいます。

技術開発から試作、製品の生産までを同じ工場で一貫して対応いたします。

弊社めっき技術例

・ガラスの穴加工+めっき
・黒色めっき「スゴクロ」
・無電解ニッケルめっき
・セラミックスへのめっき
・LDS技術「3LM」
etc.

技術の詳細、その他の技術は下記より↓↓

「技術紹介」 >>

 

東京・大田区で76年の実績

東京・大田区はものづくり企業が多く存在する中で、弊社は1946年の創業以来70年以上、メッキ加工業を続けてきました。

弊社は、羽田空港(東京国際空港)や品川駅からも近い立地に位置しており、大田区には鋭い技術を持った中小企業が集積しています。周辺企業とも関係を構築しながら、長年にわたり自社のメッキ技術を磨き、現在は電子・精密部品を中心に付加価値のあるメッキ加工技術を提供できるよう努めています。

オープンディスカッションの場 | METALISM

さらに、アイデアレベルの話も交わせる場として、「羽田イノベーションシティ」にラウンジを構えました。こちらは、志を同じくした中小企業グループ「METALISM」で運営しています。こちらでは、メッキ以外のご相談も承っています。

メッキ加工で困ったら、東京のヱビナへご相談ください

メッキ加工が初めての方、既に同じ技術を採用しているが品質でお悩みの方なども、ぜひご相談ください。

想定している製品や用途などをヒアリングし、最適なめっき技術をご提案いたします。

(弊社での対応が難しい場合は、他のメッキ加工会社様をご紹介することも可能です。)

「技術紹介」ページ >>

 

<<「技術採用事例」