クレド/環境・品質方針 

私たちがめざすもの

クレド

VISION私たちがめざす姿

業界を超え、国境を越えて。
ものづくりの常識を塗り替える、表面処理のプロになる。

ものづくりがある所には、
必ずめっきが存在する。表面処理が存在する。
つまり、私たちを必要としない ものづくりは存在しない。

だからこそ、自動車や電化製品、電子製品など
これまで必要とされてきた業界を超えて、
あらゆる分野から求められる存在をめざそう。

「めっきで、こんなことまで解決できるのか」 と、お客様があっと驚くほど
新しくて応用力のあるソリューションを提供しよう。

めっきが進化すれば、ものづくりも進化する。
日本から、世界へ。
国境を越えて、メイド・イン・ジャパンの品質をもういちど世界に知らしめよう。

私たちは、めっきだけでなく ものづくりの未来をつくるメーカーになります。

MISSION私たちがやるべきこと

次の時代に何が来るか。
難題はどこか。
追い続け、挑み続け、
新技術を生み出し続ける。

世の中のトレンドの移り変わりは驚くほど速い。
変化の連続のなかで私たちがすべきは、
遅れまいと追いすがることではない。
他社のマネごと、二番煎じでもない。

常にその先を見据え、次のビジネスの芽を探し続けること。
時代のスピードを超えて、誰も解決できない難題に挑戦し続け、
新技術を次々と生み出し続けることだ。

今、世の中は、目の前のお客様は、どんなものを必要としているのか。
次に何を提供すれば、もっと喜んでいただけるのか。
想像し、課題を聞き込み、提案しよう。
どこにもない新技術の開発は、そこから始まる。

VALUE一人ひとりの行動

ものづくりに、一流であれ。
ビジネスに、一流であれ。

私たちの6つの約束

1.技術力を磨こう。人間力を磨こう。

モノを生み出す人として、新しい開発・製造技術を追い求める。改善を続ける。
同時に、ビジネスパーソンとして、誰とでもコミュニケーションできる対話力を磨こう。
愛される人間性を身につけよう。いい仕事は、バランスのよい人間から生まれる。

2.「ありがとう」を伝えよう。

「次も頑張ろう」「もっと挑戦しよう」。そんな前向きな気持ちを引き出すのは、仕事への達成感だ。
そして、人がもっとも達成感を覚えるのは誰かから感謝される瞬間に他ならない。
仲間やお客様、取引先に対しても、常に「ありがとう」が飛び交う会社であろう。

3.失敗を恐れず、挑みつづけよう。

新しい挑戦が生まれない原因は、失敗を恐れる気持ちと、失敗を許容しない風土にある。
一度や二度の失敗で諦めては、独自のソリューションなんて生み出すことはできない。
挑戦した先の失敗なら何度してもいい。常識を覆す新しい付加価値は、そこから生まれる。

4.会社を出よう。世の中から学ぼう。

世の中から必要とされる仕事は、ビーカーワークからだけでは生まれない。
さあ、お客様の前に立とう。外の世界から学ぼう。
様々な業界、世の中のニーズを知り。役立つ仕事の感覚をつかもう。

5.開発だけでは、50点。利益も出して、100点。

新技術の研究開発だけで満足してはいけない。量産までつなげる意識を常に持とう。
お客様のニーズは何か。どうすれば利益を生み出せるか。仕事の全体像を知ることで、やるべき仕事がわかる。

6.誰か、ではない。私が、やる。

あなたの仕事の主役は、上司でもプロジェクトチームでもない。他ならぬ、あなただ。
誰かの指示を待たない。気づいたら、すぐ提案しよう。決めたらすぐ動こう。
そんな意識の集合が、会社を変える。前進させる。

環境方針

この方針は取締役会において承認されており、環境マネジメントがヱビナ電化工業(株)の経営における最優先課題であることを表明する。

ヱビナ電化工業(株)は東京都の京浜工業地帯羽田地区に位置している。その周辺には、空港関係のオフィスやマンション、都営住宅が建ち並ぶという状況下において、積極的に環境保全に努めることが重要な責務である。

ヱビナ電化工業(株)の主たる業務は、金属やプラスチックやセラミックス等の素材への付加価値の高い表面処理のプロセスを開発し、その新技術を世の中が必要とする新製品に提案し、その表面処理加工を受注し、得意先と共に新市場を開拓し、社会に貢献していくことである。

その業務に伴い環境に有意な影響を与える可能性のある項目に関して継続的に減量化及びリサイクルに積極的に取り組み、1999年度より環境目的及び目標を設定し、その達成に向け全従業員が参加し実行します。

その中には次の事項を含ませる。

  • 環境に配慮した表面処理工法の開発に積極的に取り組み、実用化する
  • 資源及び化学物質の使用削減
  • 廃棄物の削減

さらに当社の事業活動には化学薬品による水質への影響や作業環境および近隣への悪臭の影響などが考えられる。

それに対し、ヱビナ電化工業(株)は関連する法規制を遵守し、汚染防止ならびに環境負荷低減に努め、環境マネジメントシステムを継続的に改善していく。

この方針を全従業員に周知させ、方針に基づいて作成される年度目標、中・長期目標を達成するために積極的に活動する。

さらにこの方針はヱビナ電化工業(株)の定める手順に基づいて一般への公開を行う。

品質方針

『世の中に希望と感動を与えるものづくり』

ヱビナ電化工業株式会社は世界中の幸せづくりのために、品質・環境を最優先にいいものづくりを実現します。

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

TEL 03-3742-0107   FAX 03-3745-5476